在宅お仕事インタビュー

家庭の事情や生活に合わせて仕事ができ、とても助かっています

在宅スタッフ画像

40歳女性 大阪府

勤務時間:100~150時間/月
業務内容:Indusoftによる開発業務
経歴概略:ネイリストの頃に独学でデザイン制作等をしており、Web制作やアプリ作成などにも興味を持ち、数ヶ月通学したのちプログラマーとしてパート勤務を経て、その後現在のテレワークを開始。

在宅でお仕事をはじめた理由は?始めてみてどうですか?

通勤時間の短縮や子供の急な発熱や休園等など、育児と家事の両立を考え在宅で業務ができることが理想だと思い、在宅ワークを探していました。
始めてみて、私にはとても合っているスタイルだと感じています。
最初は不安などありましたが、出来るところから段階的に業務を振り分けていただいたり、スカイプなど画面共有や時には遠隔操作で丁寧に教えていただき、リモートでも問題なく進めることができています。
在宅で1人で作業しているという孤立感を感じることなく、楽しくお仕事させていただいています。

お仕事をはじめてよかったことは?大変なことは?

子供のお迎えギリギリまで稼働できることや、日中稼働できないときは夜や早朝に仕事をするなど家庭の事情や生活に合わせて仕事ができ、とても助かっています。
分からない事などは質問してご教授いただくことはできますが、真横で作業しながらすぐに聞ける環境ではないので、できるだけ自分でマニュアルや過去のプログラムを参照し、自力で解決しようと努力しているうちに理解も深まり成長できたと思います。
先方からご説明いただく資料などを見て、分かりやすさや伝えやすさを学ばせていただくこともあります。
経験が浅い中でも様々な案件を任せていただいていることも大きいと思います。
できることが増えてくるとさらに新たな業務を振っていただけているので、一歩一歩進んでいることを実感できています。
常に仕事ができる環境にあるので、オンとオフの管理をしないと常に仕事モードになってしまう点が大変かもしれません。

在宅で仕事をする上で大切にしていること

お互いにお顔が見えない環境で作業をしているので、進捗報告や作業内容を一覧として作成するなど目で見える形のものを残すことを意識しています。
また、メールやチャットなど文章でのやり取りが多くなるので、気持ちよくコミュニケーションが取れるように気をつけています。文章で伝えきれない部分はキャプチャと説明を加えるなど、伝え方の工夫も大切だと感じています。
離れていますが、一緒に作業をしているメンバーの一人という意識でいつも仕事をしています。

在宅でお仕事をしようか迷ってる方にひとことお願いします

子供を留守番させることもなくなり、帰宅時に「おかえり」を言ってあげることもでき、学校が休みの日は昼食を一緒に過ごすなど、子供との時間が取れていることが何よりです。
また、通勤時の疲れもないので毎日稼働しても苦ではなくなりました。
生活スタイルに合わせてお仕事ができる環境にとても満足しています。是非チャレンジしてみてください。

 

在宅ワークにエントリー


-在宅お仕事インタビュー

© 2020 SE at Home Office